So-net無料ブログ作成

外国人とはなせたなら [ギャル妻]




俺は今たくさんの言葉を習おうと決意した。彼女が海外旅行に行きたいと言い出したからだ。おれは海外にいったことないし外国人としゃべったこともない。意外とレア。彼女は留学経験もあるから、けっこう外国人としゃべれる。だから、「あたしがいるから、大丈夫!すぐにパスポートつくってね。」というが、なんだか嫌だ。彼女に通訳されるのがではなく、外国人と仲良くしゃべってるのがだ。あいかわらず、変な嫉妬だ。





共通テーマ:キャラクター

新しいナース服は先生次第 [ぽちゃギャル]




知ってました?僕の、彼女の病院の話なんですけど、新しいナース服を病院で買おうと思ったら、先生の許可がいるらしいんですよ!だから、ボロボロになってきたとしても、そこの先生がケチな先生だったら、多少ボロボロになっても、「まだ、着れる!」って言われたら新しいナース服を買ってもらえないらしいんんですよ!ちょっとおかしくないですか?ちょっとでも「、ボロボロになったら、買い換えた方が、病院なんて衛生面を気にしないといけないのに、汚いの着とけって事なんですよ!
見て損ナシ⇒http://muki-tamago.jp/nihonbashi/movie/
見て損ナシ⇒人妻ホテヘル 西中島




共通テーマ:キャラクター

新妻に思いを寄せてしまう




私の中で新妻という存在は凄く憧れがあります。やっぱりそういうような新婚さんなんかをみると凄くほほえましいんですよね。私もそういうような幸せを分けてほしいものです。やっぱりそういうのは凄く見ていて羨ましいですよね。特に綺麗な新妻の方を見ると凄く魅力的に見えてしまってそれがまぁいけない感情だとは分っていてもついついそういう新妻に思いを寄せてしまうわたしなんですよね。いつの時代も横恋慕が実ったためしなんて無いものですが。




共通テーマ:キャラクター

元気なギャルたちをナンパするハッスルおじいちゃん [ロリギャル]


強気なギャルたちが集まる場所に、一人たたづむ孤独の老人。その老人は街中のギャルたちをナンパしては食い物にしてしまうハッスルおじいちゃんなんですよ。その彼の手にかかったら強気のギャルたちも、一発でホテルに連れ込まれて体を堪能されちゃうんですよねぇ。そんな老人が唯一恐れているのは、彼のパートナーである恐妻なんですよね。ですがその恐妻も熟女好きの男性を逆ナンパして食い物にする夫婦揃ってのナンパ師なんですよね。
リンク→東京 デリヘル
リンク→京都 デリヘル バイト






共通テーマ:キャラクター

ギャルの戦い [雑記]




あれでは団体本拠の警備は穴だらけになっているだろう。もちろんそれはそれで絶好期なのだが、山狩りに出た連中は殲滅させる必要がある。 ギャルのルイは、ただ木の上にいるだけではない。頭からすっぽりと、草木を絡めた漁網をかぶって擬装していた。実際のカモフラージュネットのように真紅外線を遮断したりする能力はないが、相手はそんな装備を持たない団体なので、これだけでも十分に身を隠す上では役に立つ。 大木から逞しく伸びる太い枝の上で、擬装網をかぶったルイは身構えていた。





共通テーマ:キャラクター

ギャルが何回も聞く [ぽちゃギャル]


見せてと言って、本当に見るだけで帰ってしまった先生。私は恥ずかしい姿を見せて、この先今まで通り、先生とメールでお話しできるんでしょうか?バスルームに向かおうと気怠い体を持ち上げると、電話の隣のメモが目に入りました。お疲れさま。とても素敵だった。今日感じたこと、メールにまとめて送ってください。待ってます。「大きい喘ぎ声を出すと、隣の部屋の人に聴こえるよ」彼と会うのは今日が初めてだった。初めて会った印象は、優しそうな人だなぁと思った。
PR 日本橋 ホテヘル 求人
PR 風俗情報 福岡







共通テーマ:キャラクター

ギャルの声 [雑記]




 ギャルの声を聞き、うろたえながら、振り返った男達が懐中電灯を向ける。人工の光が闇を貫くが、何処にも誰もいない。少なくとも、本来なら人の上半身があるはずのスペースには。「まったく・・・・ゲボどもが。臭うんだよ、てめぇらは」 懐中電灯の灯りの下、路面のすぐ上で闇の破片が動いた。漆黒の毛並みをまとったレオが、闇から溶け出るように姿を現した。緋色の瞳が、闇の中で爛々と輝いている。 戸惑ったように懐中電灯の灯りが右左に揺れ、声の主を捜し求めるが、もちろんレオ以外には誰もいない。





共通テーマ:キャラクター

ギャルの動きの悪さ [痛ギャル]


こんな態勢で、彼は、何するの?そう思った瞬間に、私の中心に、今まで一度も味わったことの無い感覚が波うった。「あぁんッ!・・・だ、駄目、そんなトコ・・・恥ずかしいぃ~」私は思わず顔を隠したけど、そんなの全く意味が無かった。彼の巧みな舌技は、私の一番感じる部分を的確に責める。その都度腰に電気が奔るような感覚に襲われて、私は・・・気がどうにかなっちゃいそうだった・・・「お汁、おいしぃよ・・・いっぱい流れてくる・・・こんなに濡らして、そんなにエッチしたかったの?」







共通テーマ:キャラクター

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。